伝統の技を守り、一枚一枚、丁寧に焼き上げています。


えびせんべい 手焼き 

愛知県の三河湾のふところ西尾市の一色地区は「えびせんべい発祥の地」と言われ、明治時代の半ばに三河湾で豊富に取れたアカシャエビを主原料として作られたのが、一色のえびせんべいの始まりです。現在でも全国のえびせんべいの約6割がこの三河一色地区で生産されています。ヤマ伍三矢商店も、三河一色のえびせんべいの100年を越える長い歴史のもとで、伝統の味を守りつつ新しい味を求めて日々努力をしております。

生えびをふんだんに使った「極上花丸」、生のたこを使った「たこの生姿焼」、海老を丸ごと姿焼きにした「えび半生姿焼き」などの話題の商品をはじめとした、味と品質にこだわり丁寧に作り上げたヤマ伍三矢商店の味をぜひご賞味ください。ご贈答・ご進物としても皆様に喜ばれております。

お問い合わせ・ご用命は、お気軽にお電話・メール等でどうぞ。

えびを贅沢に練り込むから、手焼きにこだわっています。


えびせんべいは、えびをふんだんに使った方が、旨味もコクも断然違います。しかし、えびの量を増やすと生地の粘り気が強くなり、機械ではうまく焼けなくなります。ヤマ伍では、天然のえびの美味しさをしっかり味わっていただきたいから、昔ながらの手焼きを大切にしています。

 

▶︎ヤマ伍のこだわりについてはコチラで詳しくご紹介しております。


ヤマ伍のマスコット「三河乙姫」をよろしくお願いします。


ヤマ伍三矢商店 三河乙姫 マーク

「三河乙姫せんべい」マークはヤマ伍三矢商店が責任を持って製造・販売している証しとして付けさせていただいております。この「三河乙姫」シールの付いているえびせんべいなら、安心して召し上がりいただけます。今後とも「三河乙姫」を、末永くかわいがってくださいますようお願いいたします。

新しく「海苔乙姫」が仲間になりました。


マスコットの三河乙姫に新しい仲間が増えました。「海苔乙姫」です。

この「海苔乙姫」シールのついている焼海苔は、各価格の中でも特に自信をもってお薦めするもので、おいしさとくちどけを重視した商品に付けさせていただいています。

今後とも「三河乙姫」ともども、末永くかわいがっていただけるようよろしくお願いいたします。(19/09/17)

 

NEWS & TOPICS


小規模事業者持続化補助金の交付決定の速報が一色町商工会からありました。

 これは、一色町商工会が窓口になって、「小規模事業者が直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大等)などに対応するため、経営計画を作成し、それらに基づいて行う販路開拓の取組み等の経費の一部を補助する制度」で、今年度の第二回目(6月5日締め切り)に応募しました。

商工会のサポートを受けながら、今回はコロナ特別枠にて申請しました。

適切なサポートのおかげで、採択が決定しました。これで、お店の看板の書き換えと、店舗内のレジテーブルなどのコロナ感染防止策の強化が行えるようになりました。

大変ありがたく、感謝、感謝です。

コロナ感染防止策をしっかりして、お客様にも少しでも安心していただけるよう、頑張っていきます。

ご愛顧のほど、よろしくお願いします。

テレビの影響はすごいですね!

 先日、CBCでオンエアーされたおかげで、ものすごい反響でした。

びっくりすることに、赤えびの生姿焼きは、今までの半年分の売り上げがたったの5日間で売れました。また、ホームページを見ていただいて注文をくださった方が非常にたくさんいらっしゃいました。ありがとうございます。

番組は、インターネットで今年の年末までアップされています。

ネットアドレスは、

https://locipo.jp/creative/3883af92-895c-4b2e-8922-82bf33324578?list=fd72da19-1dbb-43b0-85e4-544fc2577e88

一度、訪れてみてください。6:35頃から5分間ほど出ています。

今年も旧来にもまして、引き続きご愛顧をお願いします。

 

CBCテレビの取材がありました。

 アポなし取材でした。お昼の休憩時間中に突然、取材の申し込みがありました。平日の帯の番組で、「チャント!」という番組でした。

名鉄の西尾駅前で、通行人の方に、「あなたがおいしいと思う西尾市のお店を教えてください。」というテーマで伺ったところ、ディレクターさんから「ヤマ伍さんのタコの生姿焼きや手焼きのえびせんべいがおいしいって言われて、取材に来ました。」とのことでした。

なりゆきアフロというコーナーで、担当のタレントさんは写真の通りアフロの「副島 淳」さんでした。とても背が高く、195cmもあるそうです。

取材時の密を避けるため、駐車場で取材を行いました。天気も良くて、涼しい風も吹いていて、最高の取材日和になりました。

翌日の26日には「後撮り」といって、タコの生姿焼きやエビの生姿焼きの製造方法の取材がありました。

オンエアーは、7月2日(木)の午後6時30分頃の予定だそうです。

是非ご覧ください。