伝統の技を守り、一枚一枚、丁寧に焼き上げています。


えびせんべい 手焼き 

愛知県の三河湾のふところ西尾市の一色地区は「えびせんべい発祥の地」と言われ、明治時代の半ばに三河湾で豊富に取れたアカシャエビを主原料として作られたのが、一色のえびせんべいの始まりです。現在でも全国のえびせんべいの約6割がこの三河一色地区で生産されています。ヤマ伍三矢商店も、三河一色のえびせんべいの100年を越える長い歴史のもとで、伝統の味を守りつつ新しい味を求めて日々努力をしております。

生えびをふんだんに使った「極上花丸」、生のたこを使った「たこの生姿焼」、海老を丸ごと姿焼きにした「えび半生姿焼き」などの話題の商品をはじめとした、味と品質にこだわり丁寧に作り上げたヤマ伍三矢商店の味をぜひご賞味ください。ご贈答・ご進物としても皆様に喜ばれております。

お問い合わせ・ご用命は、お気軽にお電話・メール等でどうぞ。

えびを贅沢に練り込むから、手焼きにこだわっています。


えびせんべいは、えびをふんだんに使った方が、旨味もコクも断然違います。しかし、えびの量を増やすと生地の粘り気が強くなり、機械ではうまく焼けなくなります。ヤマ伍では、天然のえびの美味しさをしっかり味わっていただきたいから、昔ながらの手焼きを大切にしています。

 

▶︎ヤマ伍のこだわりについてはコチラで詳しくご紹介しております。


ヤマ伍のマスコット「三河乙姫」をよろしくお願いします。


ヤマ伍三矢商店 三河乙姫 マーク

「三河乙姫せんべい」マークはヤマ伍三矢商店が責任を持って製造・販売している証しとして付けさせていただいております。この「三河乙姫」シールの付いているえびせんべいなら、安心して召し上がりいただけます。今後とも「三河乙姫」を、末永くかわいがってくださいますようお願いいたします。

NEWS & TOPICS


新海苔の販売を始めました。

 今年度も新海苔の季節がやってきました。

今年は例年になく暖冬で、海苔の生育が心配をされ、結果、生産量は例年になく少なかったですが、取れた海苔は甘みも強く、口どけも良いです。

喜んでいただけるお値打ち品になっています。

種類もいろいろございますので、お問い合わせください。

今年も恒例の吉良中学の1年生がやってきました。

 西尾市吉良中学の1年生が2クラス、午前と午後に分けて、手焼き体験学習をしました。

西尾市には、3大ブランドがあり、一つは「西尾の抹茶」、もう一つは「三河一色うなぎ」、そしてもう一つは、今年度特許庁から認定された「三河一色えびせんべい」です。

中学生は一色町のブランド2つを同日に学んだことになります。

体験学習後はいろいろな質問を受けました。

さつま揚げせんべいを開発しました。

 鹿児島県のさつま揚げの事業所様から、「さつま揚げ」をイメージするようなせんべいを開発してほしいとの依頼がありまして、何度も試作を重ね、完成しました。

今日は、その本格的な製造の初日です。鹿児島県でお土産として売り出しましたので、どこかでご覧になられましたら是非お買い求めください。