伝統の技を守り、一枚一枚、丁寧に焼き上げています。


えびせんべい 手焼き 

愛知県の三河湾のふところ西尾市の一色地区は「えびせんべい発祥の地」と言われ、明治時代の半ばに三河湾で豊富に取れたアカシャエビを主原料として作られたのが、一色のえびせんべいの始まりです。現在でも全国のえびせんべいの約6割がこの三河一色地区で生産されています。ヤマ伍三矢商店も、三河一色のえびせんべいの100年を越える長い歴史のもとで、伝統の味を守りつつ新しい味を求めて日々努力をしております。

生えびをふんだんに使った「極上花丸」、生のたこを使った「たこの生姿焼」、海老を丸ごと姿焼きにした「えび半生姿焼き」などの話題の商品をはじめとした、味と品質にこだわり丁寧に作り上げたヤマ伍三矢商店の味をぜひご賞味ください。ご贈答・ご進物としても皆様に喜ばれております。

お問い合わせ・ご用命は、お気軽にお電話・メール等でどうぞ。

えびを贅沢に練り込むから、手焼きにこだわっています。


えびせんべいは、えびをふんだんに使った方が、旨味もコクも断然違います。しかし、えびの量を増やすと生地の粘り気が強くなり、機械ではうまく焼けなくなります。ヤマ伍では、天然のえびの美味しさをしっかり味わっていただきたいから、昔ながらの手焼きを大切にしています。

 

▶︎ヤマ伍のこだわりについてはコチラで詳しくご紹介しております。


ヤマ伍のマスコット「三河乙姫」をよろしくお願いします。


ヤマ伍三矢商店 三河乙姫 マーク

「三河乙姫せんべい」マークはヤマ伍三矢商店が責任を持って製造・販売している証しとして付けさせていただいております。この「三河乙姫」シールの付いているえびせんべいなら、安心して召し上がりいただけます。今後とも「三河乙姫」を、末永くかわいがってくださいますようお願いいたします。

NEWS & TOPICS


燕が卵を温め始めました。

 先月の下旬から、弊社事務所の軒下に燕が巣を作りました。

今月に入ってからは、卵を温めているようで、ひなの誕生が待ち遠しいです。

天敵に襲われないように、卵が孵化してくれることを祈っています。

つばめが巣をつくると何か良いことがあると言われますが、そうあってほしい気持ちです。

地区の老人会の皆さんがせんべい焼き体験に訪れました。

 西尾市の東部地区の老人会の皆さん、50名の方が、地区活動の一つとして、えびせんべいの体験に訪れました。

さすがに人生経験豊富で、すぐにうまく焼けるようになりました。

この地区は全員で150名の会員だそうで、まだこれからあと2回ほど手焼き体験の研修をするそうです。

歩道沿いにチューリップが咲きました

 弊社の国道沿いに植えておいたチューリップがきれいに咲き始めました。

昨年の秋に150個ほどの球根を植えておきました。

この歩道は、小学生の通学路にもなっているので、子供たちも喜んでくれると思います。

桜もきれいですが、チューリップもいいものですね。